抜かない治療を心がけ、矯正、顎関節症、歯周病治療に力を入れています:医療法人社団彰美会

 

資格も取れる教育環境

院長:吉本彰宏は、各学会の専門医・認定医を取得し、包括的歯科治療を若い歯科従事者にも学んで頂き、多くの先生方に認定医取得に向け援助しています。

  • 吉本矯正歯科単独型歯科医師臨床研修プログラム(050328001)
  • 日本矯正歯科学会 認定医・専門医・臨床研修機関(第283号)
  • 日本成人矯正歯科学会 認定医・専門医・指導医・常務理事・矯正歯科研修施設(第19号)
  • 日本歯周病学会 専門医
  • 日本臨床歯周病学会 認定医
  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本大学歯学部 兼任講師
  • 日本一般臨床医矯正研究会 学術委員長
  • 歯科医師臨床研修指導医
  • 日本歯科審美学会会員

開業以来「母親教室」(歯並びと食生活の指導)を開催し、当医院での治療方針を説明し、小児の患者では予防を踏まえたnon-EXTに向けての咬合誘導を行い、大人の患者に関しては矯正治療を交えながら、歯周病及び顎関節を考慮した包括治療を行い、またインフォームドコンセントの充実を図ることも学んでもらいます。

咬合誘導・矯正治療等高度先進的治療の習得と、平成3年開業以来約3、000名の矯正患者の資料を閲覧可能としています。矯正患者のセファロトレース及びセファロ分析ソフトの使用方法・タイポドント実習等にて技術取得可能です。

学会・セミナーの出席も希望により随時行っています。

非抜歯矯正治療の症例

日本成人矯正歯科学会常務理事の院長は、各学会で非抜歯矯正治療を発表。舌側に垂直着濁装置(3D Appliance Fabrication ⒊次元的に調節可能な装置)などを用いることで、小児はほぼ100%、成人も95%で非抜歯矯正を可能にしています。また、顎関節症患者には、下顎に可撤式ハードタイプスプリントを用いて筋肉安静位を決めた後、治療を開始します。このスプリントを併用して治療することで、無呼吸症候群、イビキ、歯ぎしり、頭痛、肩こり、腰痛などの不定愁訴及び歯周病が改善著名のため、セカンドオピニオンを聞きに遠方より来院されます。

当医院では歯科矯正・小児歯科・一般歯科治療・口腔外科も同時に行う包括的・抗加齢的歯科治療を担う数少ない歯科医院です。また、インフォームドコンセントの充実の為に「母親教室・無料開催・月に二度」開催して多くの患者さんやご父兄の方々に参加頂いています。内容1.不正咬合の原因、2.異常嚥下癖と舌訓練の重要性、3.矯正治療の重要性、4.当医院での治療方針と方法、5.当医院での治療例、6.顎関節症・不定愁訴(イビキ、歯ぎしり、頭痛、肩こり、腰痛など)について多くのスライドを用いて説明させて頂いています。

開業以来3,000症例を手がけることにより現在日本矯正歯科学会専門医取得(平成21年1月)、臨床研修機関(第283号)に認定され、今後の歯科医師の育成にも力を入れています。

初診時年齢 22才 女性 矯正治療期間:3年5ヵ月

通常なら、4本の第二小臼歯と4本の智歯を抜歯される症例と思われます。当医院では、埋伏している4本の智歯のみ抜歯し上顎は3Dクワッド・へリックスにて歯列拡大、下顎は3Dリンガルアーチを装着して、近心傾斜している下顎右側第二大臼歯を整直させ、下顎両側第一大臼歯も整直させました。後にフルブラケットシステムで大切な永久歯を抜歯しないで矯正治療を行う、非抜歯矯正治療により、初診時訴えていた、肩こり、耳鳴り、右側顎関節のクリック音も改善され、顎関節への負担軽減がはかれた症例と思われます。

初診時年齢 15才 女性 矯正治療期間:3年2ヵ月

         

通常なら、4本の第二小臼歯と4本の智歯を抜歯される症例と思われますが、当医院では、下顎は3Dリンガルアーチを装着して、舌側傾斜している下顎左側第二小臼歯を整直させ、下顎両側第一大臼歯も整直させました。埋伏している4本の智歯のみ抜歯し上顎は3Dクワッド・へリックスにて歯列拡大後にフルブラケットシステムで大切な永久歯を抜歯しないで矯正治療を行う、非抜歯矯正治療を行いました。

母親教室などデンタルIQの向上

(子供の歯列矯正の部:吉本矯正歯科で行っている母親教室の抜粋)

虫歯予防につながる歯列矯正は永久歯が生え揃うまでに行いましょう

きれいな歯並びは見た目が美しいだけでなく、虫歯や歯周病予防にもつながります。歯列矯正で実績のある吉本彰宏院長は「6歳頃に生えてくる第一大臼歯が歯並びを決める大きなポイント。お子様の口を覗いてみて、おかしいなと思ったら早めに矯正歯科を受診して下さい。」

「欧米先進国では親が子供に歯列矯正を受けさせるのが一般的。日本での矯正はまだまだ。歯並びがきれいであることは見た目の美しさはもちろん、虫歯や歯周病を予防するという観点からも非常に重要です。」

歯並びが美しく整っていると、唾液の流れも十分になり、虫歯菌や歯周病菌も洗い流されることから、健康的な歯が維持できます。

「逆に歯並びが悪いと、かみ合わせも悪くなりますから、食べ物をよくかまずに飲み込むために胃や腸に負担がかかります。顎と頭をつなぐ筋肉が十分働かず、脳の発育やホルモンのバランスも悪くなってしまいます。口元に自信がなく、人前で笑えなくなるなど精神的なデメリットも無視できません。」

歯並びが悪くなる原因は主に二つあります。一つは、乳歯から永久歯に生え変わる時に最初に生えてくる第一大臼歯が近心舌側傾斜し、通常よりも前に生えてくることで、その後に生えてくる歯のスペースが確保できなくなり、歯が重なって生える乱杭歯になってしまいます。

もう一つは、頬や口の周りの筋肉が未発達であることです。

「歯は舌と頬の筋肉の圧力を均等に受けて生えてくるのですが、最近は舌のほうが強い子供が多く、舌が歯を押し続けているために、出っ歯や受け口になりやすくなっています。」

治療では、下顎第一大臼歯を整直するように、「リンガルアーチ」という矯正器具を装着します。小児期は顎の骨にも弾力性があるので、この装置だけで大臼歯以外の歯も徐々に正しい位置に修正されます。

「当院では永久歯をなるべく抜かない矯正を実施しており、タイミングとしては永久歯が生え始める6歳頃からスタートして、⒓歳臼歯が生え揃う13歳から15歳ぐらいまでに終えるのがベスト。もちろん、成人の患者さんも対応可能ですが、場合によっては歯を抜くこともあります。」

こうした矯正治療と同時に、舌を正しい力でコントロールするための「ベロ体操」の指導や、硬い食べ物をよく噛んで食べることを指導しています。

医院情報

医院名 ①医療法人社団 彰美会 吉本矯正・歯科 ②医療法人社団 彰美会 新千葉デンタルクリニック
応募資格 歯学部生
勤務時間 ①9:30~13:00、15:00~19:00 日・祝祭日休診日 ②9:00~15:00 日曜日(月に2回程度)
時給・日給 ①、②時給850円
院長名 吉本 彰宏
電話番号 ①043-292-6480 ②043-292-6480
住所 ①〒266-0032 千葉市緑区おゆみ野中央6-14-8 ②〒203-0031 千葉市中央区新千葉2-7-9(JR.千葉駅西口徒歩3分)
関連URL 歯科医院HP

この医院にインターンに行く

医療法人社団 彰美会は、現在歯学部生・歯科衛生士学生のインターンを募集しています。

まずはエントリーしてみましょう!

氏名(必須)

性別(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

職種 (必須)

学校名(必須)

インターンへの意気込みをお書きください。

医院への質問等ありましたらお書きください。

関連記事

  1. 院長は「アロハ先生」、皆ニックネームで呼び合う医院:医療法人社団JINAI

  2. 自分ではない誰かのために。躍進する歯科医師が大切にしていること:医療法人社団大志会 今井歯科

  3. 歯科業界を理解し、時代の流れにマッチした歯科医療を:医療法人社団ひかり歯科クリニック

  4. 「人と誠実に向き合う」ことを大切にする:れおファミリー歯科

  5. 歯科医師の基礎「診査・診断力」を身につけよう:医療法人社団ハピネス

  6. 歯科医院に注目される歯科医院、その理由とは:等々力歯科室